1. ホーム
  2. 施設一覧
  3. グループホーム桜小路

グループホーム桜小路

2.61
3
  • 北海道川上郡弟子屈町桜丘2-4-26
  • グループホーム
  • 利用雰囲気

  • 交流会

  • 冬の桜小路

    この時は非常に雪の多い時でした。

  • 阿寒

従業員の口コミ

  • 介護職・ヘルパー
  • 男性
  • 非正社員・パート
  • 退職済み
  • 2019年頃
3.00
働きやすさ
2021年07月19日

従業員の男女比率は他の施設と同じように女性のほうが多かったですが、性別の垣根なく皆仲が良かったよ...

木曾路はすべて山の中である。あるところは岨づたいに行く崖の道であり、あるところは数十間の深さに臨む木曾川の岸であり、あるところは山の尾をめぐる谷の入り口である。一筋の街道はこの深い森林地帯を貫いていた。東ざかいの桜沢から、西の十曲峠まで、木曾十一宿はこの街道に添うて、二十二里余にわたる長い谿谷の間に散在していた。道路の位置も幾たびか改まったもので、古道はいつのまにか深い山間に埋もれた。名高い桟も、蔦のかずらを頼みにしたような危い場処ではなくなって、徳川時代の末にはすでに渡ることのできる橋であった。

利用者の口コミ

  • 家族
  • 男性
  • 退所済み
  • 2019年頃
3.00
スタッフの対応
2021年07月19日

従業員の方は若い方からベテランそうな方まで幅広くいらっしゃったなと記憶しています。施設に伺った際...

木曾路はすべて山の中である。あるところは岨づたいに行く崖の道であり、あるところは数十間の深さに臨む木曾川の岸であり、あるところは山の尾をめぐる谷の入り口である。一筋の街道はこの深い森林地帯を貫いていた。東ざかいの桜沢から、西の十曲峠まで、木曾十一宿はこの街道に添うて、二十二里余にわたる長い谿谷の間に散在していた。道路の位置も幾たびか改まったもので、古道はいつのまにか深い山間に埋もれた。名高い桟も、蔦のかずらを頼みにしたような危い場処ではなくなって、徳川時代の末にはすでに渡ることのできる橋であった。

新着口コミや求人情報が追加されると
メールが通知されます

;